ブロー成形で30年の実績と信頼、プラスチック成形は大阪、マルイチエクソム

ブロー成形工法

ブロー成形とはボトルや筒状の中空成形品を作るための技術です、身近なところではペットボトルなどが挙げられます。軽さ・耐食性・適度な柔軟性などを併せ持ち、様々な製品への展開が可能なので、日常の様々なところでブロー成形品を見つけることが出来ます。

ブロー成形工法のプロセス

まずはペレット状のプラスチック原料をブロー成形機にて溶かして、パイプ状にします。これを通称パリソンと呼びます。このパリソンを製品の外側のみ彫られて いる金型で挟み込み、中に空気を吹き込みます。この空気で膨らませて製品を作ることがブロー成形です。金型内で冷却されたものが、製品形状となります。ブロー成形の場合、必ずバリと言われる不要部分がつきます。このバリを取り払うと、ブロー成形品となります。



ブロー成形のプロセス(動画)

ページトップへ▲

  • ブロー成形工法 ブロー成形や原料について詳しくご説明いたします。
  • ブロー成形でできること ブロー成形とは何ができるか?ブロー成形の知られざるポテンシャルをご紹介。
  • オンライン工場案内

    オンライン工場案内

    詳しくはコチラ

  • 製造フロー 大量生産を正確・短納期で現実します。
  • マルイチエクソムのブロー成形はここが違う!! 詳しくみてみる
  • お問い合わせ Tel.072-884-3500 インターネットからの方はコチラ
  • 試作相談承ります 豊富なネットワークを生かした新しい形。
  • ~ブローな毎日~ スタッフブログ
  • ジェグテック